「めざまし」の紹介

次回リリースのアプリは普通になります。

普通の感覚で普通に使えるアプリになります。

目覚まし時間のロード、セーブ機能あり、ワンタッチ入力、、、

スワイプ操作でなきゃ嫌だとか、片手操作出来なきゃ嫌だとか言われない限り、これ以上ないシステムだと思っています。

次期リリース用のプレゼン資料です。


 


本来予定の無かった機能を追加します。

今までは、アラーム停止動作の時に操作音が鳴りませんでしたが、次期リリースからは鳴ります。

現状は標準システムで操作音をコントロールしているので、大元の”Sound”を無効にされると操作音は鳴りませんが、後ほど改定する予定です。

使っていて楽しくなるのか、キツくなるのか、、、それは人それぞれだと思います。

手段を選ばず、お客さんを起こすのが目覚ましの役目です。

思いつきで付けた機能ですが、良いと思いますよ!


再リリースの準備をしています。

色々手を入れる前の下準備として、、、

本アプリは、遊びの無い車の様なものです。

設定をするつもりが無くても、触っただけで時刻設定のモードになったりします。

遊びの無いアクセルを持つ車みたいなものです。

時刻設定のシステムを検討した結果、設定モードに入るボタンの範囲を2回りくらい小さくしました。

これで明らかに、時刻設定をする意志が無いと誤爆みたいな事は減る筈です。

時刻設定の方法が操作しずらいという話を貰っていますが、まずこちらから対応しました。

プレゼン資料がイマイチなので作り直します。

再リリースのはもう少し時間が掛かりそうです。


アプリを再リリースしました。

まあ、昔の人間なのでスワイプよりタッチ操作の方が好みです。

また、ここまで作り込んだシステムだと、標準システムで用意されたインターフェイスを使用すると違和感しか出ません。

取り敢えず、タッチ操作主体のシステムで所々、配慮が足りないシステムではありますが作りこみました。

普通の方が普通に使っている分については、目覚まし設定部の反応が良すぎる以外についてはストレスなく使えると思います。

今回、実験をしていて、ダブルタッチやスワイプが誤操作防止には有効だと感じました。

システムも設定できる項目が増え、少し煩雑になってきています。
また、システム設定を一括で見れる作りではないので、システムを再調整しようと思います。

いつも書いていることですが、インターフェイスの話です。
目覚まし自身の本質的な強さについては変わりません。

もう少し、もっと意地悪なモードを作ろうか?と考えていますが普通に起きれる方が普通に使う分には、普通に強力なアプリです。

それで起きられないのは、枕元、手の届くところにスマホを置いているから、、、そんなレベルです。
使用方法に工夫をすれば、現時点でも、音声式のめざましとしては強力です。

片手操作も可能なアプリです。

でも、片手操作を推奨しているアプリではありません。

色々な所を触ってみてください。


目覚ましの停止方法について

本アプリはシステム側が提示した3桁のコードと数字を合わせることで
目覚ましが停止します。

ダイヤル式の鍵をイメージしています。

停止方法の難易度は4つあります。

1、は一番簡単な設定です。
既に数字が合っている状態で、セットを触れれば
停止する状態になっています。

2、は数回触れば数字が合うようになっています。
また、一度揃った数字は変更出来ないようになっています。

3、は数回触れば数字が合うようになっています。
但し、一度揃った数字は変更出来てしまうので注意が必要です。

4、は最悪の場合、9回触らないと数字が合いません。
また、1度揃った数字も変更出来てしまうので注意が必要です。

また、各々の桁で数字が揃ったときに、数字下の表示部が緑色になります。
3桁の数字が揃った時にセットの場所に設けた表示部が緑色になります。

セット部が緑色になったときに目覚ましを止めることが出来ます。

尚、この方法でしか目覚ましを止められません。

音声通知は目覚ましを解除しないとクリアされません。
アプリを閉じても、規定時間から30分間はしゃべり続ける仕様になっています。

ーーー

目覚ましの強さについて、

本アプリは2種類の音声データを持っています。

控えめに起こすための音声と、本気で起こすための音声、、、
これを切り替える時間を選択する設定です。

1、は最初の8分間は控えめに起こす設定になっています。

2、は最初の5分間は控えめに起こす設定になっています。

3、は最初の3分間は控えめに起こす設定になっています。

4、は最初から本気で起こす設定になっています。

尚、程度の差こそあれ、30分間はしゃべり続ける仕様になっています。

目覚ましを停止させるまで、しゃべり続けます。



 

 


かわいさ史上主義、、、

アラームの設定が楽しいアプリです。

Alarm ClockはIPhone/IPadの通知機能を使用した「めざまし時計」です。

アプリを立ち上げる必要があるのは、アラームを設定する時とアラームを停止する時だけです。

IPhone本体のアラームと同じ感覚で使うことが出来ます。


本体アラームの難点はあっさりしすぎていること、、、

無意識にアラームを止めて二度寝するという事を想定していないのです。
A.Clockは止めるまで30分間永遠と鳴り続けます。

また、必要があれば本体アラームと併用が可能です。

 

👉App Storeの「めざまし」販売ページへ移動

👉「めざまし」のプライバシーポリシー

▲▲▲▲▲

任意の間隔で経過時間を喋り続けるアプリです。

通話時間タイマーとしての機能もあります。

👉Repeat Timerの紹介ページ

👉App StoreのRepeat Timer販売ページへ移動

▲▲▲▲▲

会社、学校、自宅で使える万能型です。

本気で起こす「目覚まし」としても使えますが、喋る時報アプリとしても使えます。

深夜のサッカー放送、、、純正アプリで起きられますか?

👉Alarm Clockの紹介ページ

👉App Storeの「めざまし時計」販売ページへ移動