Alarm Clock(B)の紹介

 


アプリをリリースし直しました。

今の目覚ましの設定を視覚的に判るような機能を付けました。

あとは、気になるところはワンタッチでアラームをセット出来る機能を追加するか?

10時→0時に戻る際、日本語表示であれば混乱が少ないのですが、

英語版だと10;00am→12;00amに時間が戻る訳です。

海外は12時から始まり1時、2時

日本は0時から始まり1時、2時

日本でも12時と言う言い方はありますが、公式表現では0時です。

そこら辺に対しての配慮が少し欠けています。

まあ、中途半端に入れ込むより考えてから追加した方が良い機能なので、少し時間をください。

まあ、時間合わせが楽しいアプリですので飽くまでおまけの機能としての位置付けですが、、、

かわいさ史上主義、、、

アラームの設定が楽しいアプリです。

 

Alarm ClockはIPhone/IPadの通知機能を使用した「めざまし時計」です。

アプリを立ち上げる必要があるのは、アラームを設定する時とアラームを停止する時だけです。

IPhone本体のアラームと同じ感覚で使うことが出来ます。


本体アラームの難点はあっさりしすぎていること、、、

無意識にアラームを止めて二度寝するという事を想定していないのです。
A.Clockは止めるまで30分間永遠と鳴り続けます。

また、必要があれば本体アラームと併用が可能です。

👉App StoreのAlarm Clock(B)販売ページへ移動

👉Alarm Clock(B)のプライバシーポリシー

▲▲▲▲▲

任意の間隔で経過時間を喋り続けるアプリです。

通話時間タイマーとしての機能もあります。

👉Repeat Timerの紹介ページ

👉App StoreのRepeat Timer販売ページへ移動

▲▲▲▲▲

会社、学校、自宅で使える万能型です。

本気で起こす「目覚まし」としても使えますが、喋る時報アプリとしても使えます。

深夜のサッカー放送、、、純正アプリで起きられますか?

👉Alarm Clockの紹介ページ

👉App StoreのAlarm Clock販売ページへ移動