「お買い物 バーゲン対応の電卓 / 割引計算で楽できるアプリ」の紹介

電卓の人気がありません。

これ以上に凝った作りの実用電卓は無いと思っているのですが、ちょっと計算の確認回数が多いと反省はしていますが、見た目が地味なのが原因ですかね?

見た目で判断されてちっとも便利と思われないみたいです。

私はどうも普通に作っては駄目みたいです。

電卓って、如何あがいてもボタンの数を減られません。

そしてレイアウトも変えられないのですが、1つ例外があって、0が1桁目になることは絶対に無いんです。

小数点計算を放棄した電卓は、、

入力金額が0円の場合のみ、特殊機能を最下段に表示することが出来ます。

そして、お買い物専用の電卓です。

お買い物カゴに入れるそばから、金額を入力して行くタイプの、、

基本的に四則演算は使わないんです。

これが片手操作に特化した電卓の形です。

金額を入れれば、最下段の表示は変わります。

電卓の標準的なイメージとは違いますが、これがお買い物電卓として、片手入力に最適化された電卓です。

下のデザインも含めて、鋭意制作中です。

これが出来上がった暁には、もう普通だとか、地味だとかは言わせません。


技術的な問題は発生していません。

ふきだしに文字を入れることは、ハマるとすれば表示の優先順位と大きさだけ、、そして、ベースが出来れば、後はそれをコピペするだけ、、

後は何処まで作り込むか、、それだけです。

ここまで出来ればアイキャッチとして充分です。

その他に、ショートカット 機能を付ける予定です。

0、00、= これらは、金額入力が0の場合、意味を為さないものです。

ウィンドウズのキーボードショートカット 、、大っ嫌いなんです。

ユーザーに対して覚えろと強要するところが気に入りません。

ノーヒントでそれを覚えろという根性が気に入りません。

私が付ける機能は、特定条件の際、1タッチで表示されるというもの、、

使用頻度の高い、税率、割引を一発で呼び出せる様にしようと思います。

地味だとは言わせません。

分かりにくいとも言わせません。

大きな、大き過ぎるボタンの2択、、

次期バージョンです。

全編をアイキャッチだらけにすると鬱陶しいので、しかも同じものだと、

鬱陶しさは半端無いので、都度、顔は変えるつもりです。

具体的な作業が始まって、構想が固まればここまで実装出来ていれば、

後は楽です。

予定より早くリリース出来るかもしれません。

 

絵文字を表示するモジュールを実装しました。

見た目のインパクトに比べて、アプリとしての処理は簡単です。

問題は、「ふきだし」のデザインを如何するかです。

2択の選択式ボタンに、ふわふわの「ふきだし」が違和感なくマッチするのか?

シンプルさを目指しているアプリです。

フリー素材のサイトも知っていますし、私は別に写真を画面上に出せない訳でもありません。

ここら辺は、固定観念に囚われず色々試行錯誤して決めなければと思います。

 

プレゼン画像は兎も角、アプリの作りは地味です。

それが駄目だと気付きましたので、次期バージョンは派手にしようと思います。

手持ちの材料だけで、即興で組み立てたので実際のアプリのイメージとは変わってきますが、こういうことをやろうとしています。

「しゃべるタイマー」も、派手ですが、それ以上に派手でインパクトが強い絵面のアプリになります。

やはり、私は半端は駄目みたいです。

限界まで攻めないと駄目みたいです。

プログラム的には大したことは無いので、リリースまでは2週間といったところでしょうか?

もう、地味で目立たないアプリとは言わせませんよ!

 

お買い物電卓に欲しい機能って何がありますか?

手書きに勝る物無し、、私はそう思っています。

スマホは所詮は携帯です。

携帯性を重視する物って、、それを第一の特徴にしているので操作性を犠牲にしているところがあります。

軽自動車、、普通自動車の簡易版、、そういう位置付けです。

ーーー

世の中は、重さ、大きいものが価値があるもの、、そういう側面があります。

まあ、私も土建屋に近いところに居ましたので、土建屋は重さで高い安いを判断するそうです。

小さいものは、値段が取れず、、内装は簡素で作りが安い、、

安さを基準にして作っているので、性能はそこそこ、、

ーーー

まあ、日常に溢れているものはオーバースペック気味なので、日常使いには充分なんですが、、

さて、スマホ、、

予測変換、音声入力の助けを借りたとしても、パソコン並の操作性を持てるかと言うと、、私にはとても、そうとは思えません。

ーーー

所詮は一時凌ぎの性能、、そして買い物メモ、、

手書きで書く方が早くて手っ取り早い、、そう思っています。

ーーー

お買い物メモの機能はありません。

そこにチェックマークを入れられる、ToDoリストも、、

私は手書きが一番手っ取り早いと思います。

お買い物メモの機能として考えているのは、写真にマークをする機能、、

ーーー

そして、商品の保留機能、、

値段と店名、商品名が分かれば、比較が出来ます。

店名、商品名の打ち込みは、自分が分かれば良い内容、、

それぞれ、12文字あれば十分、、

ーーー

時計機能、タイマー機能もあると良いですね!

ショッピングモールでは5000円以上お買い上げのお客様は駐車料金が無料とかある訳です。

そして3時間以内の駐車は無料とかのサービスも、、

時間がアプリの中で分かれば、便利だと思っています。

ーーー

何分、1人で全ての作業をしているので、構想に現実が追いついていないところがありますが、

電卓という範疇を超えた、お買い物道具として、これが揃えば十分だと思っています。

現状は、、単に電卓という目で見たら、これ以上無いという機能を持ちます。

ーーー

これ以上のかわいさは必要ですか?

スクリーンセーバーの機能を付けようか悩んでいます。

一定時間触らないと、画面が消えるとか言う、あれです。

まあ、私はそれを「かわいく」するのですが、、

こう言う風に、、